2013年07月05日

本業がサラリーマンの場合適当にやるべきか・・?



本業がサラリーマンの場合適当にやるべきか・・?

サラリーマンの場合仕事に余りにも熱中しすぎてあれやこれや
同僚、上司に意見を言うと煙たがられるケースが会社によって
は有ります。

業務をより良く改善するのは良い事ですが特に大きい小回りの
利かない企業は逆にうっとおしがられます。
提案した社員も「くやしい」思いをして「だからこの会社はダメなんだ!」
と文句を言ったりします。

モチベーション低下です・・

でも会社に従うことで貴方は大きなメリットを得ています。
それは「毎月定期的に必ずしも多くないお給料を頂けてある程度
失敗や病気で休んでも会社が保障してくれるからです。

文句ばかり言ってるとあまり気付かないですが・・

ただ周りに流されて業務を行っていると思考力が衰えて将来の
貴方の生活に影響をも及ぼしかねません。


こう言う時はどうすれば良いのでしょうか?
答えは「ここの会社だけが自分の居場所じゃない」と
言う状況を作ること、つまり他にも収入源を作ると言う
ことです。

副業ですと確かに月数万円かもしれませんが収入が増える
に従ってサラリーマンが本業であれば今の会社にそれ程
執着しなくなります。


理不尽な事が起きても安定した収入の替わりに今の状況
に自分が身を置いているんだと理解できます。


多少効率が悪い業務で上司が聞き入れてくれなくても
「今はこんなやり方だけれど自分ならこうして改善する」
と頭の中でシュミレーションして起き現実は現実として
受け入れておき常に副業で頭を自己的に回転させている様に
いつも頭の中で「自分ならこうする」と言った考えを職場
でも持つようにします。

転勤で上司が替わって人当たりの良い人ならその時に
今まで思っていた事を提案してみたりします。

会社を変える・・・

細かい具体的で自分が出来る事であれば実践すれば
良いですが、組織を変えるだとか人を変えるなどと
いったことは時間も労力も無駄になりますので

止めておいた方が賢明だと思います。


posted by ごまお at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368393744
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。